Sample site

①浄化槽保守点検(千葉県知事登録 第15号/柏市登録 第22-1号/ 茨城県知事登録 512号)

浄化槽とは、生活から出る排水を生き物(微生物)が「一生懸命」分解処理して、きれいな水にする装置です。浄化槽があるお家(施設)は定期的に点検を行うことが浄化槽法という法律によって義務付けられており、定期点検をしないと、周辺環境に迷惑をかけてしまいます。(悪臭、放流水質の悪化など)ご家族の皆さまの日々の生活や、周辺地域の皆さまとの快いコミュニケーション、また、次世代の子供たちのためにも点検の実施をおすすめします。弊社では浄化槽点検に関するどのような相談にも「一生懸命」対応させていただきます。 banner

②浄化槽清掃(野田市許可番号 第2号)

浄化槽には、日々排水が入ってきて、生き物(微生物)が「一生懸命」分解処理して、きれいな水にしていますが、 水がきれいになるということは、汚れた成分(汚泥)は浄化槽のなかにどんどんと溜まっていきます。そのままにしておくと、汚れた成分(汚泥)が外に出てしまうなど、周辺環境に迷惑をかけてしまいます。(悪臭、放流水質の悪化など)弊社は野田市(千葉県)の許可業者ですので、浄化槽清掃に関するどのような相談にもお応えさせて頂くプロフェッショナルとして、これまた「一生懸命」対応させていただきます。 banner

③排水管清掃

排水管には日々、私達の想像をはるかに超える、汚れた水や油分などを含む排水を流しているので、そのままにしておくと血管の動脈硬化と同じように、管内にはヘドロ状の汚れが付き、この汚れが悪臭や詰まりなどの原因となってしまいます。弊社では、ちょっと特殊な車輌・機器などを使って排水管をきれいにして、「いつも笑顔」の業務もやってます。 banner

④グリストラップ清掃(千葉県/埼玉県/茨城県 許可)

グリストラップとは、おもに厨房排水に含まれる油脂をそのまま下水道へと流さないように、飲食店など厨房設備がある施設への設置が義務付けられている装置です。グリストラップに流れ込んだ排水は水と油に分離され、油分はグリストラップ内に溜まっていきます。グリストラップそのものはとても便利なものですが、そのままにしておくと悪臭や排水管が詰ったりするので、定期的な清掃で油や汚れ成分を取る必要があります。当社では、ちょっと特殊な車輌を使って槽内をきれいにします。 banner

⑤貯水槽清掃(千葉県 野田保11貯1号)

貯水槽とは、飲料水を一時的に溜めるタンクのことを言います。建物のオーナーさん・管理者さんには、貯水槽の水質を保つ為に、水道法やビル管理法という法律によって1年に一度の清掃の義務があります。清掃をしないと安全でおいしい水を供給できなかったり、水質の悪化等によっては住民や建物利用者の健康を害する恐れもあり、安全で快適な生活のためにも、法律に則った清掃と、定期的な点検が必要です。当社では、熟練の作業員が安全・丁寧・一生懸命に作業にあたります。 banner

⑥建物管理業務

オフィス、マンション、店舗等建物の共用部や専用部をきれいに清掃して、日常的に一生懸命サポートします。ガラス清掃、床清掃などたくさんのメニューを取り揃えています。弊社は、水関連の清掃だけでなく、こんな業務もやっています。 banner

⑦各種工事(浄化槽工事業「千葉県知事登録 第712号/野田市下水道排水設備指定工事店 第240号」)

お家(施設)に関する水まわり工事を行います。(キッチンや浴室、トイレなど水回りの配管工事からリフォームなど)思い立ったら、気軽に問い合わせてくださいね。 banner
Copyright(c) 2012 野田清掃株式会社